ひだ中央生産者の会community

規約

名称

第1条

  1. この団体は ひだ中央生産者の会(以下 本会という)と称する。

目的

第2条

  1. 本会は、構成員相互の研鑚と協調により、高品質で「安全・安心」かつ魅力的な地域青果物を継続的に生産し、ひだ中央へ出荷することにより、消費者から必要とされる産地を目指し、構成員の利益向上を図ることを目的とする。

会員

第3条

  1. 本会の会員は、株式会社ひだ高山中央市場(以下 ひだ中央という)ならびに、ひだ中央に青果物を出荷する出荷者によって構成する。
  2. 本会の構成員はひだ中央の役職員または、出荷者とする。

事務所及び事務局

第4条

  1. 本会の事務所はひだ中央に置き、事務局は次の通りとする。
    • 事務局の統括責任者はひだ中央の蔬菜部責任者とする。
    • 出納業務はひだ中央役職員が担当し、出納管理責任者及び出納担当者を定め、出納業務を行う。

事業

第5条

  1. 本会は第2条の目的を達成するため、次の事業を行う。
    • 青果物の生産・出荷動向に関すること。
    • 青果物の消費動向と需要予測に関すること。
    • 青果物の生産・流通に関する研究と情報交換及び提供に関すること。
    • 青果物の消費拡大に関すること。
    • 組合員相互の研鑚と協調に関すること。
    • その他目的達成に必要な事項。

会議

第6条

  1. 本会には次の会議を置く。
    • 総会
    • 理事会
    • 各品目部会

第7条

  1. 総会は年1回会長が召集し、本会の構成員によって構成する。ただし、必要により臨時総会を開催することができる。
  2. 総会の議決は、出席者の過半数をもって定める。

第8条

  1. 総会は次の事項を付議する。
    • 事業方針の決定と事業経過報告。
    • (予算、決算の承認)
    • 規約の改廃。
    • 会長、副会長、理事の承認。
    • その他必要と認める事項。

第9条

  1. 理事会は必要に応じ会長が召集し、次の事項を付議する。
    • 本会の運営に関する基本事項。
    • 総会に提出する事項。
    • 臨時総会の開催決定。
    • その他必要と認める事項。

第10条

  1. 各品目部会の構成は次のとおりとする。
    • 法蓮草部会
    • 大根部会
    • 胡瓜部会
    • 椎茸部会
  2. 各品目部会は、品目部会長が必要に応じ会長の承認を得て召集する。
  3. 各品目部会は会長が必要に応じ設置し理事会の承認を得る。

役員

第11条

  1. 本会に次の役員を置く。
    • 会長
    • 副会長
    • 理事

第12条

  1. 本会に次の役員を置く。
  2. 理事の任期途中の交代は出荷者より選出し理事会の承認を得る。
  3. 会長、副会長は理事の推薦により選出し、総会の承認を得る。
  4. 理事は、ひだ中央選出の高山地方市場青果出荷組合理事と各品目部会長とする。

第13条

  1. 会長は本会を代表し、統括する。
  2. 副会長は会長を補佐し、会長事故あるときはその職務を代理する。

第14条

  1. 各品目部会長、各品目副部会長は各品目部会員の中から選出し、理事会で承認を得る。

第15条

  1. 各品目部会長は各品目部会を代表し、統括する。
  2. 各品目副部会長は各品目部会長を補佐し、各品目部会長事故あるときはその職務を代理する。

第16条

  1. 役員の任期は2年とし、再選を妨げない。

事業年度

第17条

  1. 本会の事業年度は、1月1日から12月31日までとする。

平成20年1月1日

ページの先頭へ戻る