社長挨拶

こんにちは。ようこそ我が社のHomePageへ!
当社は昭和50年、高山市が開設した公設地方卸売市場に岐阜県公認の卸売市場として入場し、同時に創業しましたが、ルーツとしては明治31年、祖父の永井鉄蔵が「海産物・総合食品問屋 永井商店」として発足させたのが原点となっております。

創業以来、私たちの使命は飛騨の人々17万人の食生活を支えること、日々の食卓に欠くことのできない野菜・果実・鮮魚・冷凍魚・塩干魚など、全て母なる海や大地からの恩恵である、生鮮食品の数々を<安心・安全・健康>をキーワードに量・品揃え、共にできる限り豊富に安定した価格でお届けすることです。
幸いに「飛騨の台所をお預かりする。」という強い信念のもと、先輩達の長年にわたって培ってきた多くの取引先との厚い信頼関係が、当社の最も大きな財産となっております。

徹底した薄利多売のビジネスですが、食生活という必要不可欠な領域であるだけに、企業としてのマーケットは確実で永続的に安定した経営が見込めます。それが公共性の高い事業ならではのメリットといえるでしょう。
一生懸命に取り組む割には、社会からは「当たり前」と思われることかも知れません。しかし何よりも人々の暮らしを支えている、という自負が私達のヤリガイであり、人としての成長につながります。そして、この仕事が誇りを持って一生を全うできるものであることだけは間違いありません。
ともあれ、私達は飛騨で生まれ、飛騨に育てられた地場企業として、これからも豊かな食生活のために貢献していくつもりでおりますのでよろしくお願いします。

代表取締役社長 永井信次

BACK